在校生・卒業生の声

在校生の声

石井さん(埼玉県出身)

国際ビジネス学科 午前クラス1年生

最初は留学生と居る環境になかなか慣れなくて不安でしたが、留学生のみなさんがとても個性豊かで元気なので、教室の雰囲気も明るく、毎日楽しく過ごすことができています。国によって食文化や生活が違っていて話をしてると面白い発見ばかりです。TGBの先生はみんな元気で、いつも明るく声をかけてくれます。今は中国語の勉強が一番好きで、教え方が上手く日々達成感を感じながら授業が受けられています。みなさんも一緒にTGBでアジア言語を学びませんか?

卒業生の声

シーケー・プラティクシャさん(ネパール出身)

株式会社ミリアルリゾートホテルズ内定

日本には親戚がいて親しみを感じていました。母国で日本語を勉強し、来日してから2年間は日本語学校で学びました。この学校を選んだのは、ホテルに就職したくて、ホテルビジネスや情報リテラシー、英語も学べ、自分に合っていると思ったからです。2年間で簿記やホテルビジネスのためのマナーも身につきました。人前で話すことが苦手でしたが、先生がやさしくいろいろ教えてくれたおかげで、就職の面接でも自信が持てました。内定したホテルでは宿泊部の配属が決まっていますが、日本語に磨きをかけてホテルの顔となるフロントを目指したいと思います。

ユウ・ネイテイさん(中国出身)

株式会社グラツィア内定

日本で就職することが目標で来日しました。2年間日本語学校で学んだのち、就職に結びつく学校を探したところ、TGBを見つけました。池袋に住んでいて街に親しみも感じていましたし、新しい学校でも就職率は高いと聞き、いろいろな資格が取れることも学内の雰囲気が良かったのも 入学した決め手です。授業ではビジネスプランニングが面白く、事業計画をつくったり考えたりすることが合っていました。就職の面接でも自分の考え方などをうまく伝えられたと思います。就職先はもともと興味があった美容関連会社で、海外事業部に配属されます。学校で上達したコミュ ニケーション力を活かして頑張ります。

チュ ティ ハ チ さん( ベトナム出身)

大手携帯会社 [販売業]
資格:日本語能力試験(JLPT) N1
出身校:アンランゲージスクール池袋校

サポートのおかげで就職
就職活動をする中でどの業界で仕事をするか悩んだとき、担任の先生によく相談に乗ってもらいました。そのサポートのおかげで、数社から内定をいただくことができました。仕事の内容は日本人や外国人の方に携帯電話を販売したり、技能実習生のマネジメントや管理をすることです。持ち前の明るさを生かして、日本の社会で活躍していきたいです。

銭 彬 さん( 中国出身)

株式会社 松田モデル [製造業]
資格:日本語能力試験(JLPT) N1
出身校:エリート日本語学校

希望する業界へ就職
幼い時から、日本のサブカルチャーに興味がありました。日本のアニメ、漫画キャラクターのフィギュアを作る会社で、母国である中国との業者間のやり取りを行います。自分の希望する業界で働くため、就職担当の先生は親身になって話を聞いてくれました。履歴書の書き方や面接指導はもちろん、2年間で日本のマナー、習慣を身につけることができました。

学生と教員の声

小林里紗先生:2学年クラス担任
ジョン・ムンヒさん:韓国ソウル出身、1学年在籍

ーーお二人の接点は?

《小林先生》ムンヒさんとは出願の時に担当したのが最初です。
《ムンヒさん》優しくしていただきま した。2年間日本語学校で学んで昨年4月にTGBに入学しました。まだ 具体的ではないけれど、近いうちに起業したいです。

ーーTGBの特徴は?

《小林先生》当校は午前と午後のク ラスの登校時に、教員が必ず入口に立って学生を出迎えます。午前の生徒は午後の担任が、午後の生徒は午前の担任がそれぞれ出欠を確かめています。これだと教員のほぼ全員がすべての学生と接する機会ができ、学生の事情なども教員間で情報共有できます。
《ムンヒさん》僕は午後のクラスで、時々遅刻します。
《小林先生》遅刻や欠席の学生には クラス担任がLINEで連絡を取っています。留学生の場合、学生ビザで来日しているため出席率が大事で、きちんと通学できないと日本で就職などの将来もなくなってしまいます。ですから出席することについて厳しく指導しています。
《ムンヒさん》はい、厳しいです。先生からLINEだけでなく、電話が来ることもあります。
《小林先生》学生に対しては「親代わり」の気持ちで接していて、登校時でも挨拶しながら、顔色を見たり体調の変化などにも注意しています。
《ムンヒさん》小林先生は担任でないけれど、毎日のように挨拶してくれて心強いです。
《小林先生》事務的な対応ではなく、 当校では学生の性格などに合わせ て接し方を変えたりします。あまり 明るく元気に話してもひいてしまう学生もいれば、それで伸びる学生もいますし。

ーーアットホームな校風のようですね

《小林先生》確かに家庭的ですね。それに教員は20代30代が中心で 若く、学生のやる気を受け止めるだけのエネルギーがあります。
《ムンヒさん》アットホームだけでなくホットです。そしてイベントも楽しいです。
《小林先生》一緒に コ ンサート鑑賞に出かけたり、写真を撮ってインスタで「いいね!」獲得を競うイベントがあったり…。
《ムンヒさん》先生はだいたい優しいし、学校生活は楽しい!
《小林先生》そういってもらえると、TGBの教員で良かったと思えます。 ムンヒさんも卒業まで一緒にがんばりましょう。